【相続放棄】大阪在住の父親が亡くなった場合の相続放棄を解決したケース

相談者

【相談者の状況】40代・女性(松本市在住)

ご相談時の状況

 10年以上疎遠だった大阪府在住の父親が亡くなったという連絡が親族から入り、死亡当日立ち会ったIさん。

 父親が元気なころは会社を営んでいましたが、負債が膨れ上がり、休業状態でした。

父親が亡くなったことにより相続放棄をしたいと考えていましたが、それをするには大阪の法律事務所へ相談しなければいけないと思い込んでいました。ただ、放棄をするには3ヵ月以内に手続きを行なわないといけないと知り、とりあえずIさんの地元にある法律事務所へ相談へ行こう、と当事務所へご相談にお見えになられました。

当事務所の提案と具体的な解決策

 相談当初から相続放棄を決めていらっしゃったIさんでしたが、相続放棄をするにあたってのメリット・デメリットをご説明し、Iさんが放棄する意思を改めて確認しました。

 父親は大阪府に住んでいたため、Iさんは相続放棄の申立てをするには大阪府の法律事務所で手続きをしなければいけないと思い込んでいらっしゃいましたが、当事務所でも手続きができることをお伝えしたところ、Iさんは安心し、手続きを任せていただくことになりました。

また、相続放棄になった場合、戸籍謄本の手配、申述書の作成・提出、照会書への対応、債権者などへの通知を含めた手続についてもご説明しました。

当事務所に依頼をした結果

 Iさんのご希望通り、相続放棄をすることになりました。

 Iさんが父親と10年以上疎遠だったことや、相続する意思が全くないことを申述書にまとめ、家庭裁判所へ提出しました。

その後、家庭裁判所より相続放棄の申立が認められ、Iさんの相続問題は解決しました。

相続放棄の最新記事

主な相続手続きのサポート料金

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧