【相続放棄】10年以上も音信不通の父が亡くなり滞納税金の督促状が届いたケース

ご相談者

55歳・女性(松本市在住)

 

ご相談時の状況

40年以上も音信不通のお父様の相続放棄の相談で来所されました。
相談者は高校生の時に両親が離婚して以来、父とは音信不通で、自分の父親が亡くなっていたことすら知りませんでした。

突然、市役所から父親が滞納していた国民健康保険税の滞納金87万円の督促状が届き、大変心配されていました。

 

当事務所に依頼をした結果

亡くなられてから3ケ月を超える案件でしたが、詳しく事情を説明するために1000文字を超える事情説明書を作成し、無事、裁判所に受理されました。

 


ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧