【相続登記】祖父名義の自宅を孫に名義変更したケース

ご相談者

obasan2

62歳・女性(松本市在住)

 

ご相談時の状況

同居していた父が亡くなり、更に、土地建物は亡祖父の名義のままとなっているため、本人名義に変更したいとのことで相談に見えました。

祖父が亡くなった時に、不動産の名義変更ができていれば良かったのですが、祖父と父、2世代の相続登記ができていない状況でした。

 

当事務所に依頼をした結果

こういった場合にまず懸念されるのは、時間が経ってしまった故に、枝分かれするように相続人の数が増加し、相続人の確定に時間がかかってしまうことです。

例えば、祖父が遺言書を残しており、そこに、『不動産については○○に相続させる』といった文言がはっきりと記載されている場合であれば、相続の登記ができる可能性もありますが、遺言書も無かった今回のケースでは、まずは、遺産分割協議に参加する権利を有する相続人が誰なのかを、漏れなく特定しなければなりません。

このケースでは、祖父の出生から死亡までに渡る戸籍の収集から始める必要があり、手続が煩雑なため、ご本人ではなく、当事務所が職務上請求にて戸籍の収集にあたりました。
本件でお調べした相続人数は10人以上、取得した戸籍は合計で25通以上にもなり、相続人の確定だけで2ヶ月程の時間がかかりました。

相続人の中には、ご本人が今まで一度も会ったことがない方も含まれており、協議が整うか、非常に不安でしたが、ご本人が、その方に丁寧に対応して頂いたこともあり、無事に協議が整い、相続登記の申請をすることができました。

 


ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧