相続の解決事例

相談者

40代・女性(松本市在住)

相談者の状況

 10年以上疎遠だった父親が亡くなったという連絡が親族から入り、死亡当日立ち会ったIさん。

 父親が元気なころは会社を営んでいましたが、負債が膨れ上がり、休業状態でした。

 父親が亡くなったことにより相続放棄をした方がいいと考え、当事務所へご相談にお見えになられました。

当事務所の提案&お手伝い内容

 相談当初から相続放棄を決めていらっしゃったIさんでしたが、相続放棄をするにあたってのメリット・デメリットをご説明し、Iさんが放棄する意思を改めて確認しました。

 また、相続放棄になった場合、戸籍謄本の手配、申述書の作成・提出、照会書への対応、債権者などへの通知を含めた手続きについてもご説明しました。

ご相談による結果

 Iさんのご希望通り、相続放棄をすることになりました。

 Iさんが父親と10年以上疎遠だったことや、相続する意思が全くないことを申述書にまとめ、家庭裁判所へ提出しました。

 その後、家庭裁判所より相続放棄の申立が認められ、Iさんの相続問題は解決しました。

20181029


ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧