遺産整理

こんな時どうする?亡くなった父の不動産の名義が亡祖父だったケース【司法書士が解説】

今回は相続が発生し、相続財産を調査した際、不動産の名義が被相続人(亡くなった方)ではなかったケースの解決事例を紹介します。 【相談者の状況】 40代・男性(松本市在住) 【ご相談時の状況】 Aさんは、一人暮らしの父親が亡くなったため、何かしらの相続手続きが必要になるのだろうと考えていました。 父親との関係は良好だったものの、財産についてあらたまって話をする機会がなかったため、
続きを読む >>

主な相続手続きのサポート料金

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧