【相続放棄】相続権があることを知らない養子縁組している相続人の相続放棄を実施したケース

ご相談時の状況

うちの事務所で、はじめの順位の方の放棄手続はお済みのお客様でした。
次の順位の方も相続放棄を希望されているのですが、自分でできるだろう(次順位だから、前のを真似すれば良い)と思ってらっしゃる方でした。

専門家に依頼するということは、手間がかからないということもあるが、それよりも、相続放棄は裁判所に申し立てる手続で、申立1回で受理されなければならないため、形式的にも内容的にも、適切に正確に対応できます。

上記説明をすることで、当事務所に依頼していただきました。

 

当事務所に依頼をした結果

当事務所で、次順位にあたる相続人を把握するため、戸籍の調査を実施したところ、面談時に当事務所では把握していない養子縁組をしている相続人が判明しました。

当事者らは、養子縁組している相続人も相続放棄しなければならないことを全く自覚していなかったようです。

当事務所から養子に、相続放棄をするかどうか確認したところ、強く「相続放棄したい」との意向でした。
当事務所に依頼しなければ、養子に相続権があることを知らずに相続放棄の期限(3ヶ月)を経過してしまうことになりかねませんでした。

最後は、全関係者の相続放棄が済ませられたため、皆様が安心していらっしゃいました。

 


ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ

相続のご相談は当センターにお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧